シャープのロボット掃除機ココロボ(RX-V95A)は、ふるさと納税でもらえます。お得度を判定する還元率、ココロボ(RX-V95A)は43%。

買うべきか寄付でもらうべきか判断がつかない人、詳しい性能や口コミを知りたい人に向けて、判断に必要な情報をまとめました。

>>ココロボのふるさと納税の詳細

ロボット掃除機ココロボ(RX-V95A)のふるさと納税の還元率とコスパ

ココロボ(RX-V95A)は、20万円ふるさと納税すると返礼品としてもらえます。

ふるさと納税をするかどうかは、コスパが高い低いで決める人が多いです。還元率でコスパを見極めましょう!

ロボット掃除機ココロボ(RX-V95A)の基本情報

ここからはココロボ(RX-V95A)の基本情報を紹介します。

重量:2.3kg
掃除時間:約100分が最長
稼働面積:約40畳が最大
ゴミ箱容積:0.25L
充電時間:約3時間
充電可能:約1100回

ココロボに限らず、ロボット掃除機は持ち運んだりしませんので、重さや充電時間などは気にする必要はないです。

あえてチェックするなら、充電可能回数が1100回という点。

1日1回充電して約3年もちます。これは日立のミニマルと同じですね。パナソニックのRULOは4年なので、もうちょっと長いです。

3年もすれば、故障したり新しい掃除機に買い替えたくなるので、我が家なら3年で十分って感じですけど。

ココロボ(RX-V95A)の価格と最安値

ココロボ(RX-V95A)はネット通販でも家電量販店でも買えます。価格を調べたら次のとおりでした。

業者/価格 2017/5 2018/9
比較サイト最安値 48,276円 37,201円
ヤマダ 58,756円 41,320円

ココロボRX-V95Aの価格は、時間の経過でだいぶ価格が下がってきました。

大手家電ショップでもネットでも4万円前後で買えます。

ふるさと納税の還元率でコスパ計算

もし、20万円のふるさと納税で、KOKOROBO(RX-V95A)もらったら、還元率は次のとおりです。

業者/価格 2017/5 2018/9
比較サイト最安値 24% 18%
ヤマダ 29% 20%

最新の最安値で計算した還元率18%は低いですね。

家電への圧力が高まっているので仕方ないって考え方もありますが、せめて還元率20%は超えないと、低コスパに感じます。

>>ココロボのふるさと納税の詳細

>>ロボット掃除機の記事一覧から還元率が高い返礼品を見つける

ココロボ(RX-V95A)の口コミ

ココロボ(RX-V95A)の口コミを紹介します。ロボット掃除機は家電の中でも人気急上昇中のジャンルです。

コミュニケーションの相手

ココロボの目玉機能、それは会話をするところです。標準語と関西弁を使い分けたり、段差で落っこちそうになったら「おっとっと」と言ったり。

もはや単なる家電ではなくペットみたいな感覚ですね。

掃除の機能的にはルンバのほうがいいとツイートされてますが、心の掃除はココロボのほうがいいみたいです。心のロボットってことなんですね。

ちなみに、会話はこんな感じ。

寂しくない人にはうっとおしい存在か

単に掃除してほしい人からすると、当然ながら厳しいツッコミがきます。

掃除をきっちりやってくれればいいなら、ココロボ以外のロボット掃除機にしたほうがいいでしょう。

一人暮らしで、家に帰ってきて一人で寂しいと感じるなら、ロボット掃除機とコミュニケーション取るのもいいかもしれません。

充電ミスが起こる?

メイン機能の掃除について、ちょっと気になるツイートがあります。

充電がちゃんとされているかチェックしたほうがよさそうですね。「ちゃんと充電できてる?」って質問したら答えてくれるんでしょうかね?

掃除は下手だとハッキリ言っている口コミ

「掃除が下手」って言われちゃってます・・・。

ココロボのために、部屋の模様替えをしてあげるくらいの愛情がないと付き合っていけないのかも。

ココロボをふるさと納税でもらう、まとめ

もう一度、大事なところだけおさらいします。

  • 還元率18%は低い、コスパはよくない
  • 掃除の機能より挨拶や会話する機能に注目が集まっている
  • 一人暮らしなどで寂しい人に向いている
  • 掃除機能はイマイチだと思ったほうがいい

>>ココロボのふるさと納税の詳細

この家電も要チェック!