ブルーエアクラシック(Blueair Classic)280iは空気清浄機の世界的メーカー、ブルーエア社の製品で、ふるさと納税の返礼品に加わりました。

空気清浄機はふるさと納税の返礼品として大人気。Blueair Classic 280iをふるさと納税するかどうか、価格や口コミ情報を見てご判断くださいね。

【10/9追記】終了しました。
>>空気清浄機の記事一覧

ブルーエアクラシック280i(0689122005935)は佐賀県みやき町へ30万円

Blueair Classic(ブルーエアクラシック)280iは、佐賀県みやき町へ30万円の寄付(ふるさと納税)するともらえる返礼品です。

ふるさと納税の返礼品となっている空気清浄機は、ダイキン、シャープ、日立などの日系家電メーカーばかりでした。

ここにきてスウェーデンに本拠を置くブルーエアが参入してきました。

ブルーエアクラシック280iを返礼品としている佐賀県みやき町は、ダイソンやアイロボットなどの海外家電ブランド製品を積極的に返礼品としています。

ブルーエアも水面下で話を進めていたのかもしれませんね。

ブルーエアクラシック280iの基本情報

ここからは空気清浄機「ブルーエアクラシック280i」の基本情報を紹介します。

メーカー:Blueair
ジャンル:空気清浄機
名前:ブルーエアクラシック280i
JAN:0689122005935

大きさ:440x210x530mm
重さ:10㎏
推奨面積:〜26平米(16畳)
適用面積:〜41平米(25畳)

適用面積は、一番効果を発揮できる最適な広さです。寝室や書斎などの小さなの個室から、リビングまで使えますね。

次に、ブルーエアクラシック280iの特徴的な機能をいくつか紹介します。

フィルターを掃除しない(交換する)

空気清浄機は普通、フィルターを掃除し、特に交換はしません。ブルーエア280iは、フィルター交換式で、掃除しません。

280iに限らず、ブルーエア製品「クラシック」「センス」「ミニ」シリーズは全部フィルター交換する方式となっています。


↑引用:http://www.blueair.jp/classic-particle-filter-200-300/

200番台と300番台のフィルターを使うのですが、直販価格で6,000円+税。だいたい半年に1回くらいの交換頻度で、年間1.3万円くらいの維持費。

維持費がかかるのは嫌ですが、フィルターがダメな状態で空気清浄機を使っても、空気はきれいにならず、電気代を無駄にしているだけ

半年に1回、きっちり交換しちゃったほうが、きれいな空気を保つにはいいかもしれません。

スマホ連動

これは最近の空気清浄機だと、スタンダードな機能になりつつあります。ブルーエア280iも当然スマホ連動機能あり。


↑引用:http://www.blueair.jp/classic-particle-filter-200-300/

外出先からリモコン代わりに操作したり、空気の状況をチェックしたり、ちゃんと空気清浄機が働いているかいつでも確認できます。

また、空気清浄機能がガクンと落ちたタイミングでフィルター交換すれば、目安の半年よりもフィルターを長持ちさせることもできそうです。

ブルーエア280i(0689122005935)の価格と最安値

ブルーエア280i(0689122005935)は、Blueair公式直販、ネットショップや量販店で購入が可能です。

ふるさと納税なら30万円も寄付するので、できるだけ価格相場も最安値が高いほうがお得感がありますよね。

リサーチしたところ、価格は次のとおりでした。

63,990円・・・ネット通販業者(最安値)
64,000円・・・アマゾン
72,041円・・・ビックカメラ
75,600円・・・ヨドバシ、Blueair公式

無名ですがネット通販専門の業者が最安値、アマゾンが1円差で64,000円。

家電量販店大手だと、4万円代。ヨドバシはBlueair公式通販といっしょで定価。


【2/17追記】
価格リサーチから3ヵ月経過したので、もう一度価格を調べてみました。最安値は61,344円と約2000円下がりました。シャープの空気清浄機に比べると価格が下がりませんね。


ブルーエア280iの還元率

ブルーエアクラシック280iの価格や最安値がわかったので、ふるさと納税の還元率をチェックしましょう。

還元率=価格÷寄付額、この率が高いとふるさと納税でのお得度が高いということになります。

21%・・・63,990円・・・ネット通販業者(最安値)
21%・・・64,000円・・・アマゾン
24%・・・72,041円・・・ノジマ
25%・・・75,600円・・・ヨドバシ、Blueair公式

最安値なら21%、定価なら25%が還元率となりました。家電の返礼品は20パーセント代が多いので、お得度はふるさと納税では普通レベルでしょう。


【2/17追記】
本日リサーチの最安値61,344円での還元率は20%。微妙に下がりましたが、まだまだ20%台なら家電の還元率としては普通でしょう。


家電は値段が急に下がったりすることもあるのですが、ブルーエア280iは発売から1年以上経っても価格が下がらない印象です。ヨドバシで定価販売するほどですからね。

ふるさと納税したときは、還元率が高くても、あとで激安になったら、「あのとき寄付しないで、あとで買えばよかった!!!」って思っちゃうところ。

でも、価格が下がりにくいブルーエア280iなら、あとで後悔する可能性は低そうですね。

>>還元率21%!ブルーエアクラシック280iをふるさと納税でもらう

ブルーエア280iの口コミ、評判、レビュー

ブルーエア280iの口コミや購入者レビューをピックアップしました。

↓比較サイトのレビューを抜粋しました。価格や値段ならフィルター掃除方式、ただ掃除の手間と機能維持を考えたらフィルター交換のほうがいいです。

・リビングダイニング(23畳)の空気清浄用に購入
・アプリで、部屋の汚れ、CO2、温度等を見える化できる
チマチマ掃除するより都度フィルター交換のほうが楽だし、理にかなっている
最大のネックは価格、フィルターもそれ相応の価格
引用元:http://review.kakaku.com/review/K0000921763/#tab

↓アマゾンのレビューより抜粋。掃除機でもルンバやダイソンなどの海外系家電メーカーが人気ですよね。ダイキンやシャープが空気清浄機ではトップですが、ブルーエアが流行する日も近そうです。

・シンプルで静かですごくいい
・国産でないのが残念
・フル稼働すれば、すぐに空気が変わっていく実感を持てます!

↓もう一つアマゾンから。健康のために空気をきれいにすることを重視することを考えると、ブルーエア280iを返礼品でもらって満足できそうです!

・間質性肺炎の家族がいて、空気を綺麗にするために購入
・国産のほうがランニングコストが安いけど清浄機能重視
フィルターのコストはかかりますが健康には引き替えに出来ません
マニュアルがちょっと国内メーカーに比べてシンプル(不親切)

家電の口コミやレビューを探すとき、ツイッター検索をよく使います。ただ、ブルーエアクラシック280iの口コミやレビューは見当たりませんでした。

ツイッターは比較的若い人が使っているので、維持費が安い空気清浄機を使っているのかもしれません。

健康のためにお金を使える大人向け空気清浄機、それがブルーエアクラシック280iなのでしょう。

>>健康はきれいな空気から!ブルーエアクラシック280iをふるさと納税でもらう

ブルーエアクラシック280iがもらえる「ふるなび」

ブルーエアクラシック280iを返礼品でもらうには、「ふるなび」からふるさと納税の手続きをします。

空気清浄機の返礼品はたくさんあるのですが、ブルーエアはみやき町の280iと480iだけ。

家電返礼品は在庫が少ないので、すぐに在庫切れになることもよくあること。タイミングを逃さないように注意してくださいね。

今ならアマゾンギフト券3000円(寄付額の1%)もセットでもらえるキャンペーン中

>>「ふるなび」ブルーエア280iのページ

ブルーエアクラシック280iをふるさと納税でもらう、まとめ

ブルーエアクラシック280iに関するふるさと納税情報のまとめです。重要なポイントだけ再確認します。

・佐賀県みやき町に30万円の寄付が対象
・最安値は約6.4万円。大手は7万円超、定価販売の業者もアリ
・還元率は21%20%~。家電返礼品では普通レベル
・フィルター交換式なので常に空気がきれい
・年間1.3万円くらいのフィルター代がかかる

>>ブルーエアクラシック280iをふるさと納税でもらう

【10/9追記】終了しました。
>>空気清浄機の記事一覧

この家電も要チェック!