ソーダストリームはふるさと納税でもらえます。返礼品となっているソーダストリームの還元率や機能を比較して、気に入ったほうがゲットしてくださいね。

同じ炭酸水メーカーのドリンクメイトとの違いも比較してからふるさと納税してくださいね。

【10/7追記】もともと2種類ですが、4種類に増えました!

ふるさと納税でもらえるソーダストリームは4種類

ふるさと納税の返礼品となっているソーダストリームは4種類で、ソースパワー、ソースv3、ジェネシスデラックスv2。

寄付額や還元率も違いますが、機能も違います。

ソースパワー(Source Power)

製品名 ソースパワー(Source Power)
寄付額 80,000円
価格 31,320円
還元率 39%
詳細ページ 【ふるさと納税】ソーダストリーム全自動 Source Power スターターキット ブラック

ソースv3(Source v3)

製品名 ソース v3
寄付額 60,000円
価格 20,520円
還元率 34%
詳細ページ 【ふるさと納税】ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット(ホワイト)

スピリット(Spirit)

製品名 スピリット(Spirit)
寄付額 50,000円
価格 15,120円
還元率 30%
詳細ページ 【ふるさと納税】ソーダストリームSpirit(スピリット)スターターキット(ブラック)

ジェネシスデラックスV2(Genesis Deluxe v2)

製品名 ジェネシスデラックスV2
寄付額 40000円
価格 12,960円
還元率 32%
詳細ページ 【ふるさと納税】ソーダストリーム Genesis Deluxe v2(ジェネシス デラックス) スターターキット(レッド)

ソースV3のほうがグレードが上

まず、細かい違いを見る前に、ソーダストリームのグレードは次のとおりです。

  1. 全自動ソースパワー
  2. ソースV3(プレミアモデル)
  3. スピリット(スタンダード)
  4. ジェネシスデラックスv2(ベーシック)
  5. ジェネシスv2(ベーシック)

ふるさと納税の返礼品となっているのは、5タイプ中4タイプ。1-4番まで。

寄付額が高いので、グレードが違うのはなんとなく分かりますよね。

それぞれのソーダストリームの機能の違いは、次から詳しくチェックしましょう。

電動か手動か

ソーダストリームの中で、電動なのはソースパワーのみ。

炭酸を電動で送り込むため、その分価格が高く設定されています。

3段階の炭酸の強さをボタン一つで決められるので、手動よりも確実に好みの炭酸強度にすることができるのがメリットです。

「電源を使わないのがソーダストリームのメリットだ!」って意見も多く、電動だから特別便利ってわけでもありません。

ソースパワーはソースV3の上位互換

ソースパワーとソースV3の違いは、電動か手動か、これだけです。

今、上で確認したことです。

それ以外の違いはないので、次からは「ソースV3」と「ジェネシスデラックスV2」の違いのフォーカスします。

スピリットはジェネシスと本体は同じ

スピリットとジェネシスは、本体は同じなので、機能に違いはありません。

唯一の違いは、スピリットには500mlのペットボトルが付属しますが、ジェネシスには付属しないという点。

たったそれだけで、ふるさと納税の寄付額が1万円高くなります(笑)。

  • ソースパワーとソースV3がほぼ同じ
  • スピリットとジェネシスがほぼ同じ

機能については、ソースV3とジェネシスを次から比較します。

ソースパワーとスピリットが気になる人は、それぞれ読み替えてくださいね。

ガス抜きの音

ふるさと納税の返礼品のソースV3とジェネシスデラックスv2の違いはガス抜き音です。

自動ガス抜き機能があるソースV3にはガス抜き音はナシ

一方、ジェネシスデラックスv2は、ガス抜き音が静かですが、ゼロではありません。

騒音ってほどではありませんが、ブシューって音がします。(1:05あたり)

これくらいの音なら、別に気になりませんね。

ガス漏れは気にする人もいるかも

ガス抜き機能があると、音だけじゃなく、ガス漏れ事故を防げます。

炭酸水は二酸化炭素で作るのですが、空気中に充満すると、二酸化炭素中毒になる事故もありえます。

もちろん換気すれば問題ありませんが、お母さんの買い物中にお子さんが操作して事故が起きたりしたら怖いです。

ボトルの着脱

ソースV3とジェネシスデラックスv2の違い、2つ目はボトルの着脱です。

上の画像は、ジェネシスデラックスv2。

右手でボトルをネジを回すようにクルクルさせてボトルを付けます。

一方、ソーダストリームのソースV3は、斜めにボトルを差し込んで、縦に直すことでボトルを付ける仕組み(スナップロック機能)。

1:06あたりをチェックしてみてください。

クルクル回すのがだんだん面倒になってくるのが予想できる人は、ソースV3にしておいたほうがいいでしょう。

炭酸の強さが分かるかどうか

ソーダストリームをふるさと納税でもらう理由では、強力な炭酸を楽しみたいからでしょう。

ソースV3とジェネシスデラックスv2では、炭酸の強さの確認にも違いがあります。

ジェネシスデラックスv2では、飲んで炭酸をチェックするアナログ方式ですが、ソースV3はLEDライトが教えてくれます。

もし、炭酸が弱かったら、上から押すことでもっと炭酸を強くすることも簡単です。

ソースV3のほうがジェネシスデラックスv2よりも、炭酸を微調整しやすいので、より自分の好みの強さにできます。

大きさやランニングコストには違いナシ

ふるさと納税でもらえるソーダストリームでは、どちらでも500mlペットボトル1本あたり18円で作れます。

ガスの消費量は同じなので、維持費はどちらも同じです。

また、デザインの好みに違いは出るでしょうけど、サイズはほぼ同じなので、収納スペースにも違いはありません。

ふるさと納税でもらえるドリンクメイトとの比較

同じ炭酸水メーカーのドリンクメイトもふるさと納税の返礼品です。ソーダストリームとの違いを確認したら、ドリンクメイトのほうが向いている人もいるはずです。

水以外にも使えるかどうか

ソーダストリームは水にしか使えませんが、ドリンクメイトはお茶やジュースやお酒にも使えます。

水で薄めずに100%オレンジジュースを炭酸で飲みたいような人はドリンクメイトのほうが向いています。

ガス抜き

また出てきましたね、ガス抜き。

ソーダストリームのソースV3なら、ガス抜きは自動。

一方、ドリンクメイトは、ガス抜きを自分でやります。

うまくガス抜きできないと、開けた瞬間に炭酸があふれて、床やテーブルが大惨事になりやすいです。

100%のオレンジジュースでベッタベタになった床を掃除したくないなら、ガス抜き機能があったほうがいいです。

細かいところもあるけど

掃除のしやすさ、ガスの消費量など、細かい違いはもっとあります。

違いを記事にしているブログやサイトも多いので、気になる方は検索してみるといいです。

ドリンクメイトの記事を見ても、ソーダストリームとの違いが確認できます

ふるさと納税でもらえるソーダストリーム、まとめ

ソーダストリームは、ふるさと納税の返礼品となっています。ソーダストリームのグレードの違い、ドリンクメイトとの違い、このあたりを比べると、ふるさと納税でどれをもらえばいいか分かるのではないでしょうか?

>>【ふるさと納税】ソーダストリーム全自動 Source Power スターターキット ブラック

>>ソースv3スターターキットのふるさと納税はコチラ

>>【ふるさと納税】ソーダストリームSpirit(スピリット)スターターキット(ブラック)

>>ジェネシスデラックスV2のふるさと納税はコチラ

この家電も要チェック!