ラクティブエアは、シャープのコードレススティック掃除機です。EC-AR2SとEC-AR2SXの2つのモデルがあります。

どちらもふるさと納税の返礼品です。型番はXの有無だけですが、大きな違いがあります。

機能や寄付額など、ふるさと納税をする前に違いをしっかり確認しておきましょう!

>>ラクティブエアEC-AR2SとEC-AR2SXのふるさと納税はこちら

EC-AR2SとEC-AR2SXのふるさと納税の違い!

EC-AR2SとEC-AR2SXの違いを、まずふるさと納税目線から確認していきましょう。寄付額と価格と還元率が違います。

スタンダードモデル、EC-AR2S

EC-AR2S スタンダード
寄付額 190,000円
最安値 42,469円
還元率 22%

プレミアムモデル、EC-AR2SX

EC-AR2SX プレミアム
寄付額 300,000円
最安値 54,258円
還元率 18%

還元率はスタンダードモデルのほうが高いです。

家電の還元率は、10%台だとイマイチ、20%台だとまあまあといったところ。

還元率だけなら、スタンダードモデルをふるさと納税でもらったほうがいいです。

ふるさと納税で実質的に最安値になるのはいくら?

ふるさと納税で重要なのは、寄付で税金がどれだけ安くなるかです。

もし、ふるさと納税したときに、最大限安くなる税額を表にまとめました。

年収 共働き夫婦 夫と専業主婦
上記+子(U15) 上記+子(U15)
700万円 106,000円 84,000円
800万円 127,000円 118,000円
900万円 149,000円 139,000円
950万円 161,000円 152,000円
975万円 168,000円 158,000円
1000万円 174,000円 164,000円
1100万円 211,000円 192,000円
1200万円 240,000円 230,000円
1300万円 269,000円 259,000円
1400万円 353,000円 341,000円
1500万円 387,000円 375,000円
1600万円 422,000円 410,000円

ラクティブエアのスタンダードEC-AR2Sは寄付額と最安値の差が15万円、プレミアムのEC-AR2SXは25.5万円。

寄付によって、この差額以上税金が安くなれば、ふるさと納税のほうがお得になります。

  • スタンダードEC-AR2S・・・年収950万円
  • プレミアムEC-AR2SX・・・年収1300万円

ふるさと納税を実行するかどうかの目安となります。

EC-AR2SとEC-AR2SXの違いはバッテリーと付属品

機能面から、EC-AR2SとEC-AR2SXを見ると、違いはバッテリーと付属品です。

バッテリーが1つか2つか

EC-AR2SとEC-AR2SXの違いは、バッテリーが1つか2つか、これが一番大きいです。

EC-AR2SXはバッテリーが2つですが、同時に2つ使うのではなく、取り付けるバッテリーは一つずつです。

連続使用時間が長い

EC-AR2SとEC-AR2SXの連続使用時間は、次のとおりです。

連続使用時間 EC-AR2S EC-AR2SX
型番 スタンダード プレミアム
30分 60分
自動 20分 40分
8分 16分

バッテリーの数が1つか2つかの違いなので、単純に連続使用時間は2倍になります。

プレミアムのEC-AR2SXでも、充電器ではバッテリーを一つずつ差し込みます。

80分で一つ充電できるので、バッテリー2つなら倍の時間がかかります。

付属品の違い

もう一つの違いは、EC-AR2SXのほうが付属品が多い点です。


http://www.sharp.co.jp/souji/feature/ecar2s/

最近のサイクロン掃除機では布団の掃除にも使われます。

もし、ふるさと納税でスタンダードタイプのEC-AR2Sをもらったとしても、オプションで購入することも可能です。

共通する魅力的な機能

バッテリー以外は、大きさや重さや性能も全部同じです。

床だけじゃなく上も掃除できる

ラクティブエアの重さは1.5kg。ハンディの掃除機では1kgが一番軽い部類に入り、2-3kgあるものもあるので、かなり軽め。

シャープの公式サイトでも、女性が肩の高さまでEC-AR2Sを持ち上げて、エアコンの上を掃除している写真があります。

よほど力のない人じゃなければ、部屋の中の上から下まで全部をラクティブエアで掃除できます。

充電池を使いまわせる

一般的な掃除機だと、掃除機に充電池が組み込まれていて、本体ごと充電します。

シャープのコードレス掃除機だと、同じ充電池をハンディ型とキャニスター型の両方に使うことも可能です。

掃除機2台持ちたい家庭なら、シャープで2台そろえるのもいいですね。

足を使って着脱


http://www.sharp.co.jp/souji/feature/ecar2s/

掃除機の先端部分って、しゃがんで外すのが普通です。

でも、ラクティブエアEC-AR2Sなら、足で抑えて、サッと外せます。しかも、ちゃっかりブラシ付き!

何回も手で付けたり外したりするのは面倒なので、こんな機能は地味ですけどうれしいですよね。

KI-HS70の口コミ、空気清浄と加湿の評価が全然違う!

プラズマクラスター加湿空気清浄機KI-HS70の口コミを紹介します。ふるさと納税をもらう前に確認しておくと安心です。

実際持ったら軽い

ハンディのコードレス掃除機はやはり軽さが重要。

実際に持った人は、アイコンから判断すると女性でしょう。女性でも軽いと感じるなら安心です。

家電ショップも取り外しが高評価

家電量販店のビックカメラも、先端部分をサッと外せるところを売り文句にしています。

ダイソンと比べると?

ダイソンと悩んだのですが、使わない時に邪魔になりそうだったのと、ライダーの武器みたいなデザインがダメでこちらにしました。

吸引力はそこそこなレベルですが、特に不満はありません。これより吸うのはあるでしょうね。

バッテリーが2個あるのが、何気に便利です。

音もそれなりで、特に静かとかうるさいというほどではないです。

軽くて取り回しがいいのと、使っていない時にあまり邪魔にならないのが、とても良いです。

http://review.kakaku.com/review/K0001033232/#tab

吸引力については、この口コミじゃないところでも「ダイソンのほうが吸引力が高い」「いや、変わらない」と意見が分かれていました。

見た目や収納など、ダイソンより優れているポイントがあると感じるなら、ふるさと納税でもらうのはアリでしょう。

また、EC-AR2SXはバッテリー2個。評価が高いですね、使ってみると便利さを感じるものなんでしょうか。

EC-AR2SとEC-AR2SXのふるさと納税、まとめ

シャープのコードレスサイクロン掃除機のEC-AR2SとEC-AR2SX。違いを比較してきました。

最後にまとめです。

  • EC-AR2Sは19万円、EC-AR2SXは30万円の寄付
  • 還元率はEC-AR2のほうが高い
  • 違いはバッテリーと付属品
  • 軽さと着脱の評価が高い

>>ラクティブエアEC-AR2SとEC-AR2SXのふるさと納税はこちら

この家電も要チェック!