ふるさと納税は、12月で9割以上の申し込みが集中します

多くのふるさと納税サイトではクレジットカード納付がメインなので、少しでも還元率の高いクレジットカードを使ってポイントを獲得したいところ。

そこで、年末の駆け込みでふるさと納税する人向けに、11月と12月に還元率が高いクレジットカードを紹介します。

2018年のみなら、還元率2%のオリコカードザポイント

2018年だけ儲かったので、1年限定でふるさと納税して家電をもらう場合、オリコカードザポイントがおすすめです。

入会後6ヵ月間は還元率2%という超高還元率。

2018年に儲かった例を3つ紹介します。

仮想通貨で一発当てた人

2017年は仮想通貨の価値が爆上げしたので、一気に億り人になった人が多かったですね。

ただ、税金がものすごいことになるので、半分だけ2017年に決済、もう半分を2018年に決済するような人もいます。

1回だけなら、すでに持っているクレジットカードで済ませるか、オリコの還元率2%を使うといいでしょう!

多額の退職金が出た人

2018年に定年退職して退職金をたっぷりもらった人も、1年限定で儲かった人に該当します。

ただ、退職金は税金があまりかからないように優遇されています。

そのため、高額なふるさと納税で節税する必要がない人も多いです。

先にシミュレーションしたほうがいいですよ。

不動産の売却で儲かった人

東京オリンピック前の景気上昇に乗っかって、不動産売却で2018年に大きな儲けが出た人。

住居用や5年超の不動産の売却だと、税金の優遇で、そんなに税金がかからないケースも多いです。

退職金同様に、個別にシミュレーションすべきです。

誕生日が11月か12月ならライフカード

ライフカードは、誕生月は還元率が1.5%。通常の0.5%の3倍です。

もし、11月生まれ、12月生まれの人なら、ライフカードを使って誕生月にふるさと納税するとおいしいです。

誕生月にだけ使う「ふるさと納税専用カード」として持つのもアリですね。

ライフカードの還元率が上がる11月や12月に産んでくれたご両親に感謝しましょう!

楽天ふるさと納税なら、やっぱり楽天カード

もし、使おうと思っているふるさと納税サイトが楽天なら、結局のところ楽天カードが有利です。

いろんな楽天サービスやキャンペーンを組み合わると、最低でも5%、がんばれば26%のポイント還元率

11月や12月に他のカードでどれだけ還元率をアップさせても、楽天ふるさと納税では楽天カードが最強です。

楽天カードの場合、ポイントが貯まりまくるゆえ、ポイントの上限に引っかかることもあり得ますが。

家電返礼品などの高額な寄付だと、上限を超えるポイントが切られてしまう可能性もあるので、ポイントの上限に引っかからないか事前にチェックしましょう!

>>要注意、楽天ふるさと納税で引っかかる楽天ポイントの上限

また、楽天ポイントをガッチリ貯めるのに必要な楽天カード。

一般、ゴールド、プレミアムの3種類で、どの楽天カードを選ぶべきか、シミュレーションしたこちらの記事も確認してみてくださいね。

12月でも楽天ふるさと納税ならやっぱり楽天カード
>>楽天カードの審査が早い

ふるさと納税に使える11月と12月に高還元率のカード、まとめ

ふるさと納税をする人が多い11月と12月に、ポイント還元率が高いカードを紹介しました。

もし、家電のふるさと納税は寄付額がウン十万になるので、クレジットカードのポイント還元率で大きな差が出ます。

ふるさと納税の案件を探すのと並行して、還元率が高いクレジットカードの準備も進めておきましょう。

この家電も要チェック!