WM1Zはソニーのウォークマンで、ふるさと納税の返礼品です。寄付額85万円と高額なので、購入するときの価格相場や寄付による減税額をトータルで考えて、損得を見極めましょう!

>>ウォークマンWM1Zのふるさと納税の詳細

WM1Zのふるさと納税、還元率でコスパ計算

ウォークマンWM1Zの価格や最安値をリサーチすると、還元率が計算できるので、コスパが高いか低いかが分かります。

基本情報

メーカー ソニー
製品名 ウォークマンWM1Z
型番 NW-WM1Z
大きさ 72.9×19.9×124.2cm
重さ 455g
記憶容量 256GB
再生時間 33時間

フルデジタルアンプ「S-Master HX」では、他の音楽プレイヤーでは拾えない細かい音を出せるのがウリです。

開発者インタビューでは、ソニーにしかできないという自信のコメントもありました。

あとで口コミを紹介しますので、そこで客観的な評価を見てみましょう!

価格と最安値

ウォークマンWM1Zの価格と最安値は次のとおりです。

業者/価格 2018/10 2018/12
ネット最安値 255,016円 ?
ビックカメラ 315,694円 ?

ネット通販業者の最安値で25万円くらい、大手家電ショップだと30万円を超える価格相場です。

ふるさと納税の還元率でコスパ計算

もし、85万円のふるさと納税で、ウォークマンWM1Zをもらったら、還元率は次のとおりです。

業者/価格 2018/10 2018/12
ネット最安値 30% ?
ビックカメラ 37% ?

総務省が厳しいので、家電のふるさと納税の還元率は15-25%が平均的で、30%超は是正を求められる状況です。

ネット通販の最安値で計算した還元率が30%なので、ウォークマンWM1Zのふるさと納税のコスパはかなり高いといえます。

>>オーテンティカのふるさと納税の詳細

購入か寄付か、損益分岐点となる年収は?

返礼品が高額のため、寄付額85万円はかなり大きいです。

ふるさと納税による減税額次第では、あえて85万円の寄付をしたほうが、購入よりお得になるケースもあります。

損益分岐点を見極めましょう!

年収 共働き夫婦 夫と専業主婦
上記+子(U15) 上記+子(U15)
1000万円 174,000円 164,000円
1200万円 240,000円 230,000円
1400万円 353,000円 353,000円
1600万円 422,000円 422,000円
1800万円 491,000円 491,000円
2000万円 562,000円 562,000円
2100万円 597,000円 597,000円
2200万円 633,000円 633,000円
2300万円 765,000円 765,000円
2400万円 806,000円 806,000円
2500万円 847,000円 847,000円

寄付額が85万円なので、最低でも60万円は減税してもらわないと、ふるさと納税は損です。

  • 年収2200万円・・・最安値で買うより寄付がお得
  • 年収2300万円・・・実質9万円でゲット
  • 年収2500万円・・・実質3000円でゲット

ただ、これくらいの高年収になると、会社経営者が多いのではないでしょうか?

もし、そうなら、会社を巻き込んで、もっとお得にゲットしましょう!

>>オーテンティカのふるさと納税の詳細

減税を使いつつ、会社に買い取ってもらう

ふるさと納税は、個人の税制ですが、会社経営者なら、自分の会社を巻き込むともっとお得です。

流れは次のとおりです。

  1. 個人で85万円を寄付する
  2. WM1Zをゲットする
  3. 税金を安くしてもらう(所得税、住民税)
  4. WM1Zを自分の会社に転売する
  5. 会社の仕事用の備品として使う

ポイントは4番です。

購入する時の価格が25万円とすると、社長個人から会社に25万円で売ります。

  • 個人は25万円の現金をゲット
  • 会社は25万円の経費(法人税が減る)
  • WM1Zは仕事で使える

ふるさと納税の返礼品を転売することは禁じられていますが、これはメルカリやオークションなどでの転売のことです。

個人と経営する会社の間で売買する分には問題ありません。

ただ、会社の備品を完全に私物化しちゃうと、税務署的に問題があるので、そのへんは注意が必要ですが。

ソニーのウォークマンWM1Zの口コミ、評判、レビュー

WM1Zは発売から2年以上経っているので、口コミが多いです。

高額な寄付なので、しっかり口コミをチェックしてから、寄付すべきかどうかを見極めましょう!

音質は高い口コミが多い

一言でいえば、凄い!ただ、それだけです。
ソニーの宣伝通り、音楽のニュアンスまでも再現してくれますね。

私は、1Zは「花火」の表現に似ていると思います。
花火って、消え行く、消えた後の、静寂、繊細さ、余韻。
なんとも言えない、独特な雰囲気が魅力的ですよね。

1Z(旧ver)は、その表現が本当に絶妙です。
1Zを手にしてから、クラシックやジャズ系の曲を聴く事が本当に多くなりました。

高音域は澄みわたり、解像度高く艶があり、心地よく伸び、奥行きと余韻が素晴らしいです。

中音域はシャッキリと心地良い音色で、解像度高く、音の粒立ちが良く、奥行きと臨場感が素晴らしいです。

低音域はボワつかず、籠らず、他の領域にかぶさることなく、さらに重厚な音圧で迫力があり、臨場感が素晴らしいです。

ライブハウスで聴いているかのような、最高で迫力のあるサウンド

音を口コミとして表現するのは難しいですが、WM1Zを手にした人の興奮が伝わってきますね。

クラシックやジャズを聴く人だったり、音を言葉で表現する感じが、音の違いが分かる富裕層って感じがします。

やっぱり自分の耳で確かめるべき

やはり家電ショップでWM1Zを試してみるのが一番いいでしょう。

ときどきイマイチだという口コミの人もいますので。

聴いたけど、何がいいのか分かりません?24万の価値は無い音です。

まとめ

最後にまとめです。

  • 85万円の寄付が必要
  • 還元率30%、コスパ高い!
  • 高音質!違いが分からない人も少しいる
  • 年収2200万円あると購入より寄付が得
  • 会社経営者なら会社への転売がオイシイ

>>ウォークマンWM1Zのふるさと納税の詳細

この家電も要チェック!